【設備トラブル】石油給湯器の下が水浸し・・(KIBF-4512SAG)

お客様から入電がありました。

お客様

石油ボイラーの下が水浸しなんだけど、どうしちゃったやろ!?

ということで、早速調査させてもらいました。

現場で確認させて頂くと以下のような状況

【製品】
長府製作所の石油給湯機付き風呂釜(KIBF-4512SAG)
【現象】
給湯器の下が水浸し

ということで、フロントカバーを開け調査開始。
中を見てみると水が吹いていますね。

原因はすぐにわかりました。
銅管に穴が空いていますね。

上部銅管からの水漏れ、わかりますか?

分かり辛いのでもっと拡大してみると、プシューっと吹いていますね!

赤丸内から下に向けて噴射

というわけで、穴の開いた銅管を取り出しました。

今回の原因は銅管の赤丸部分にピンホールが空いた為に水が漏れていましたね。
更には、上部の接続部分が欠けています。
かなり劣化していますね。

【対応】
今回は、はんだで穴を塞ぎ応急処置。
後日パーツ交換ということになりました。

【料金】
5,000円

給湯器がなかなか手に入らない昨今、この様な応急処置や修理というケースが増えてきました。
購入頂いた製品はなるべく長く使って頂きたいと考えています。
壊れたから買い替える、ができない今
先ずはお気軽にご相談ください!

電話番号:0572-68-2469

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる