【設備トラブル】ビルトインコンロの火が着かない!そんな場合はこれが原因

misfire_gas_conro

ビルトインコンロで最も多いお問い合わせは、

お客様

火が着かんのやけど、なんでやろう??

という内容です。

そんな際は以下が原因であることが大半です。

  • 電池のトラブル
  • ガスメーターで遮断
  • パーツの不具合
目次

電池のトラブル

火が着かない原因のナンバー1は、「電池」です。
その中でも3種類の要因があります。

①電池切れ
電池が切れたことに気付いていないパターンもありますが、
電池の場所が分からないというケースもあります。
というのも、ビルトインコンロの電池は少しわかり辛いところにある製品が多いです。

ステップ1:先ず操作パネルを開きます。

ステップ2:パネル表面部のカバーを引っ張って外す。

ステップ3:電池ケースを引っ張り出す。

今回はRinnaiのデリシアを例に出しましたが、隠れているものが多いためお客様もどこにあるのか忘れてしまいがちです。

②マンガン電池を使用

電池は交換したのに、火が直ぐ消えるんやけど??

こんなケースもあります。それは、マンガン電池を使用してる場合に起こります。
昨今のコンロは安全性を高める為、火を着ける以外にも過熱防止装置等にも電気を使います。
その際に、マンガン電池では電流が弱く「着火してもすぐ消える」、というような症状が起こる場合もあります。

③電池の向きが逆
これもよくあるミスです。
電池ケースの中に向きが書いてありますので、一度確認してみてもらうといいですね。

ガスメーターで遮断

各家庭にはガスメーターが備え付けられています。
これは使用量を計る為だけでなく、安全を守る為の機能も備わっているのです。

ガスが漏れている場合は勿論のこと、
ガスメーターはお客様毎の平均的な使用量を記憶していますので、
一度に大量に使用された場合には、「ガス漏れの可能性あり」と判断し自動で遮断します。
その場合は黒いボタンを押して頂くと復旧しますが、先ずは弊社までご連絡ください。

パーツの不具合

長くご使用いただくと、様々なパーツが劣化してきます。
その中でも、温度を感知するサーモカップルというパーツがありますが、これが劣化してくると
ガスが一瞬着くが火が保持しない、というような現状が起こります。
この様なケースはお客様では修理いただくことが難しい為、弊社にお問合せください。

以上ように、火が着かない理由には様々な要因があります。
お客様自身で簡単に対応できるものから、専門家による修理が必要な場合もあります。
少しでも気になることがあれば、先ずはご相談ください!

今回はビルトインコンロの火が着かない時の対処法についてご紹介しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ミワネンリョウのKanoです。
岐阜県瑞浪市でガス屋をやっています。
ガス機器や、生活に関わる設備の情報を配信していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる